あさぎベーススタジオ

もはやベース用エフェクターの備忘録

【レビュー】VeroCity Effects Pedals OR-BASS

今回レビューするものはベース用プリアンプエミュレーターとなるVeroCity Effects Pedals OR-BASSです。

f:id:asagi_bass:20190929150848j:image

主な仕様として

コントロール:Master・Toggle Switch(ACTIVE/PASSIVE)・Gain・Treble・Middle・Bass

電源:DC9Vセンターマイナス

サイズ:W63mm x D112mm x H50mm

アナログエフェクター

となっています。


公式サイト

VeroCity Effects Pedals


使用してみた感想としましては、このサイズのエフェクターで真空管アンプに繋いでいるかのような音圧感を感じます。

ORANGE AD200Bのエミュレーターということもあり、芯が太く無骨で存在感のあるサウンドはオレンジのチューブアンプらしさを確かに感じます。

再現度が非常に高く、アンプを持ち運びしたくない人にオススメのペダルです。

 

ベース用のオレンジアンプのエミュレーターやモデリングは少ないため、ベーシストがオレンジの音が欲しいという場合にはこのペダルが真っ先に候補にあがるのではないでしょうか。

Orange社のAD 200Bのプリアンプ回路をFETに置き換えていて、独特な質感があります。

 

Gainは12時あたりではクリーンめですが、それ以降は急激に歪んできます。

最終的にはディストーションくらい歪みますが、グシャッとした潰れた方はしません。

また、この機種には半挿し機能もあり、アウトプット端子を半挿しにすることでアンプのリターンに繋げられるほどの出力となり、プリアンプとして使えるようになります。

f:id:asagi_bass:20190929150649j:image

入力感度PASSIVE/ACTIVEの切替をトグルスイッチで再現していて、様々なベースに接続できます。

 

筐体などのカラーオーダーも可能ですので、興味のある方は是非問い合わせてみてください。