あさぎベーススタジオ

もはやベース用エフェクターの備忘録

【レビュー】TC ELECTRONIC UniTune Clip

今回レビューするものはギター、ベース用クリップチューナーとなるTC ELECTRONIC ( ティーシーエレクトロニック )  UniTune Clipです。

f:id:asagi_bass:20200228000256j:image

主な仕様として

コントロール:チューニングモード・基準ピッチ・電源ボタン

電源:標準リチウムコイン/ボタン電池(CR2032)

重量:32g

となっています。

 

公式サイト

TC ELECTRONIC


使用してみた感想としましては、反応性の良さと精度の高さを兼ね揃えた最強のクリップチューナーという印象を受けました。

±0.02セント精度のストロボチューナーと±0.05 セント精度のクロマチックチューナーを切り替えることができるクリップチューナーとなっていて、ペダルチューナーと比べても遜色ない精度となっています。

視認性が良いのはもちろんのこと、多弦にもしっかり反応してくれます。

デザインも堅牢なものになっており壊れそうな感じはしません。

f:id:asagi_bass:20200227232720j:image

画像左側の表示でクロマチックモード、右側の表示でストロボモードとなっています。

このチューニングモードの表示は好みかもしれませんが、個人的には精度の高いストロボモードをおすすめします。

また、この表示が自動的に方向を感知して上下反転してくれるため自分で角度を動かす必要もありません。

 

同社からはPolyTune Clipという全ての弦を同時にチューニングすることができるポリフォニックチューニングが追加されていますがベースではこのモードは使用する機会は少なく、ベースには廉価版のUniTuneで事足ります。

ペダルチューナーとは違い、繋ぐことで音痩せすることはもちろんありませんからそういった意味でも敢えてUniTuneを使用するという選択肢があってもいいかもしれません。

 

クリップチューナーとしてみると価格は少し高めですが買う価値のあるものではないでしょうか。

サウンドハウスでTC ELECTRONIC ( ティーシーエレクトロニック ) / UniTune Clipの価格を見る