あさぎベーススタジオ

もはやベース用エフェクターの備忘録

【レビュー】FREE THE TONE TRI AVATAR TA-1H

今回レビューするものはギター用コーラスとなるFREE THE TONE TRI AVATAR TA-1Hです。

f:id:asagi_bass:20191227190232j:image

主な仕様として

コントロール:RATE・HI-CUT・DEPTH L/C/R・DRY MIX・LEVEL

電源:DC9Vセンターマイナス

消費電流:140mA

重量:380g

サイズ:W120mm x D102.3mm x H58.5mm

デジタルエフェクター

となっています。


公式サイト

Free The Tone


使用してみた感想としましては、クリアでありながらあまり揺れない太いコーラスという印象を受けました。

それでいて奥行きや立体感のあるコーラスサウンドが楽しめます。

滑らかで透明感のあるエフェクトは、あたたかみこそないもののハイファイで凛とした音色です。

冷たさのある綺麗なコーラスで、繊細な透き通った感じと言えるでしょうか。

作り込んだクリーンが手軽に手に入る感じです。

クリーンサウンドにかけてあげるのはもちろん良いですが、歪ませた音にかけても納得のいくサウンドになる珍しいコーラスペダルです。

 

また、プリセットを4つまで保存することができ、要所要所で使い分けることができます。

MIDIも備えているため、これを超えるコーラスペダルは出てこないかもしれません。まさにハイエンドコーラスペダルに相応しい製品です。

低音域がぼやけすぎることもなく、ローが損なわれずにかかってくれるのでもちろんギターだけではなく、ベースでも使用することができます。

 

HTSサーキットが内蔵されており、バイパス音にも影響を与えます。

個人的にはベースで使用して好みなコーラスペダルベストスリーに入ります。

好き嫌いはあっても、間違いなく良いコーラスペダルだと言いきれるのではないでしょうか。

また、FTT製品全般に言えることですが、フットスイッチの感触が絶妙な柔らかさでこういったところにもこだわりを感じます。

f:id:asagi_bass:20191227190238j:image

一般的なコーラスペダルに比べてコントロールが多く、音作りの幅が広がっています。一見操作が難しそうに見えますが、案外シンプルな構成なので手軽に扱うことができます。

サウンドの良さだけではなく、この何でもできてしまうような格好良さがある外見がたまらないです。