あさぎベーススタジオ

もはやベース用エフェクターの備忘録

【レビュー】Zahnrad SCOTCH

今回レビューするものはギター用オーバードライブとなるZahnrad(ツァーンラート) SCOTCHです。

f:id:asagi_bass:20200410214759j:image

主な仕様として

コントロール:Level・Tone・Gain

電源:DC9Vセンターマイナス

サイズ:W67mm x D113mm x H46mm

トゥルーバイパス

アナログエフェクター

9V電池内蔵可能

となっています。

 

公式サイト

nature sound Official Website | nature sound オフィシャルウェブサイト。nature sound / Zahnrad 製品情報はこちらから。


使用してみた感想としましては、透明さがありつつ、芯が残っていて抜けてくるサウンドが特徴的です。

それでいて太く、枯れたニュアンスも感じられます。

クリーンミックスがされることで、原音を残したまま上手い具合に歪んでくれます。

歪み幅は広く、クランチから粒が粗いディストーションまでセッティングできますが、ブースターやクランチ程度の歪みとして扱うのが良さそうです。

ギター用歪みペダルとはなっていますが、低音が痩せることなくミッドが出てくることによって、ベースとも相性の良いペダルとなっています。

ローゲインなセッティングの場合、歪むか歪まないかの良い塩梅のサチュレーション感がベースにも最適です。

 

似ているペダルとしてMARK KENDRICK DESIGN Furnace Bass Driveが挙げられます。

Furnaceよりは歪みますが、かなり近い印象を受けました。

 

ケンタ系に近い、いわゆる王道のオーバードライブサウンドですが癖が少なく上質なペダルとなっています。