あさぎベーススタジオ

もはやベース用エフェクターの備忘録

【レビュー】Shigemori MUSE

今回レビューするものはギター用オーバードライブとなるShigemori MUSEです。

f:id:asagi_bass:20180927142200j:image

主な仕様として

コントロール:VOL・BASS・TONE・DRIVE

電源:DC9Vセンターマイナス

アナログエフェクター

となっています。

 

公式サイト

SHIGEMORI CUSTOM EFFECTORS

 

使用してみた感想としましては、ジャキジャキ、ジャリンとした弦鳴りや煌びやかさが特徴的です。ゲインはそれほどまで高くなく、クリーンからクランチで使用することを前提に作られていると感じます。

今回はベースで試してみましたがギターで使用した場合もかなり良さそうなことがわかります。

ベースで使用するとギターに比べジャキジャキ感は薄れてしまいますがこの特徴がうまく引き継がれていて全体的に音がブラッシュアップされます。

方向性としてはベースでBD-2を使用した時に近いものがありますがBD-2よりも綺麗な歪みの質感で、あまり歪みません。輪郭がはっきりとしたいわゆるハイファイなShigemoriの音になります。

 

レンジも広く、かけっぱなしでプリアンプ的に使い音圧や存在感、綺麗な分離感を付与するのにぴったりではないでしょうか。

癖が強めですがハマる方はとことんハマると思います。

TS系という話を聞いたのですが、そんなことよりも弦一本一本が鮮明になり歪ませてもその太さ、存在感が消えないところが特徴と言えるのではないでしょうか。

TONEのバランスもよく、いつまでも触っていたくなるコントロールとなっています。

 

ギター用ペダルということもあり、ローが削れてしまう心配がありますがBASSコントロールが12時だとやや重心が高く感じてしまいますが回しきってしまえば特に問題ありません。

ハイミッドや倍音、分離感が加わることにより相対的にローが薄く感じるだけかもしれませんが…

 

いい塩梅でメリハリがつき、この透明感や反応性、ピッキングニュアンスへの追従性はトランスペアレント系に近いものがあります。

ジャキジャキするとはいえハイがピーキーすぎることもありません。

MUSEのハイファイさが独特な薄っすらとしたコンプ感と相まってベースを印象付けるのにぴったりです。

もちろんローノイズで、奥行きも感じられShigemoriとしてのオーバードライブの完成形の一つだと改めて感じることができました。

 

価格はエフェクターの中ではハイエンドに属しますが、研磨のウネリといった外見やアルミ削り出しケース、そして音の完成度の高さを見れば納得するものだと思います。

ギタリストの場合、特にテレキャス使いの方は買ってもいいのではないでしょうか。

凛として時雨のTKが使用している時期の音を聞けば欲しくなること間違いなしです。

もちろんベースでもいい感じなのでおすすめです。