あさぎベーススタジオ

もはやベース用エフェクターの備忘録

【レビュー】One Control Crimson Red Bass Preamp 

今回レビューするものはベース用プリアンプとなるOne Control Crimson Red Bass Preampです。

f:id:asagi_bass:20190517140320j:image

主な仕様として

コントロール:BRILLIANCE・VOLUME・GAIN

電源:DC9Vセンターマイナス

消費電流:1mA

重量:160g

サイズ:W47mm x D100mm x H48mm

トゥルーバイパス

アナログエフェクター

9V電池内蔵可能

となっています。

 

公式サイト

One Control

 

使用してみた感想としましては、ブライトさや高域が無くなり、丸くなることでアナログ感のある甘く暖かい音になります。

エレキベースでアップライトベースやウッドベースのトーンに迫るというコンセプトで開発されたペダルということもあって重心が下がり、柔らかく太くなった中低域の迫力はアップライトベースやウッドベースに近いものがあるのではないでしょうか。

 

BRILLIANCEは時計回りに回していくごとに音色が明るくなっていきます。明るくなっていくとは言っても音が軽くなるわけではありません。重心を変化させることができますがそのローエンドは保たれたままです。

GAINはいわゆる歪み量ではなく、太さを調節することができます。

 

これを踏めば今までどんな音作りをしていても指弾きに特化したサウンドに変化させることができます。音の傾向は違いますがそういった変化の方向性としてはShigemori PRETONEに近いものがあるのではないでしょうか。

 

他のOne Controlのベース用ペダルも高いクオリティです。

ローがとにかく出てきますので他のプリアンプやEQでローブーストをしすぎていると音割れする可能性がありますのでご注意ください。

 

ウッドベースのようなサウンドを求めていない方でも太さの補正やハイを削るブースターとしても機能します。他の歪みエフェクターと合わせても面白い効果を得ることができます。

 

サウンドハウスでOne Control ( ワンコントロール ) / Crimson Red Bass Preampの価格を見る